SNS調査・SNS分析ツールなら

D4DR
効果測定から課題抽出、訴求の方向性まで徹底対応
お客様1社1社に合った調査設計いたします。
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
お問い合わせフォームが開きます。

SNS調査・SNS分析ツールなら

D4DR
効果測定から課題抽出、訴求の方向性まで徹底対応
お客様1社1社に合った調査設計いたします。
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
お問い合わせフォームが開きます。
D4DRSNS調査ではここがわかる!
  • 1.話題になった理由がわかる!
品質かプロモーションか、それとも媒体やインフルエンサーの紹介かなど、自社商品やサービスについて、どのような要素から話題となっているのかを調査します。
  • 2.消費者のホンネがわかる!
消費者のSNS投稿を通じて、自社商品やサービスに対してどのような表現や撮影方法が用いられているのか、どのようなシーンで使用されているのか、利用実態を調査します。
  • 3.関心者像がわかる!
商品カテゴリーの嗜好層か起用タレントのファンなのか、どのような領域の関心層なのかまで、関心者像を可視化します。関心者像を明確化することで、今までと違ったアプローチが可能になります。
  • 4.ロイヤル顧客がわかる!
自社が行ったキャンペーンやタレント起点の接触者をリスト化し、キャンペーン後の購買やファン化など、その後のロイヤル顧客化を把握します。

D4DRSNS調査の特長

1.データの精度が違う
可能な限り、フルデータを収集可能な方式を採用します。不要なデータ・無関係なデータはアナリストがきれいに除外し、可能な限り完全なデータを使って高精度な調査を実施することができます。

2.分析の示唆・発見が違う

コンサルティング事業が主体のD4DRならではの、施策展開を視野に入れた示唆が最大の特長です。SNS上の投稿を通じた、切り口や素材の発見など、実用性の面から高く評価いただいています

3.分析のコストが違う

定常調査、スポット調査ともに対応しており、かかる調査コストが違います。まずはお気軽にお問合せください。
アウトプットイメージ
下記のような報告書をご納品いたします。(下記は報告書の一部です。)
20の調査対象商品と5つのターゲットユーザーをクロス分析し訴求の方向性を可視化した例
Instagram上の投稿を用いて4ブランドの強みと弱みを発見した例
実績紹介
大手新聞会社
新聞広告の反響の大きさと内容について、必要な定型フォーマットを協議の上、週次でモニタリングレポートのご提供をしています。
自治体観光課
管轄内の20以上の観光地の来訪ニーズの傾向を比較して、個々に訴求の方向性の仮説を導出・提言しました。
大手国内家電メーカー
プロモーションや商材、コーポレートなどの分野ごとに話題を分類し、それぞれ話題量の推移から評価点とリスクを抽出いたしました。
大手商業施設
消費者のInstagram投稿を対象に、来館目的の傾向と飲食、アートなど分野ごとの興味関心のポイントを特定し、競合施設との違いを可視化。訴求の方向性や施策検討の材料としてご活用いただきました。

SNS調査の流れ

STEP 01

ご発注

簡単なヒアリングによる状況やご要望の把握、お見積りをご提示後、ご判断していただきます。
STEP 02

設計・データクレンジング

ご要望をもとに調査対象となる項目や条件、クレンジング処理の対象となる項目の選別をします。
STEP 03

経過報告(メール)

データ確定後、件数や所見をご連絡します。
STEP 04

本分析

対象項目のご確認後、取得されたデータの分析をもとに最適な解決策を導き出します。
STEP 05

レポート納品・ご報告会

分析結果を納品・ご報告します。
FAQ
SNS調査・SNS分析ツールなら
D4DR
お問い合わせ