企業調査・競合調査なら

D4DR
各種戦略から組織体制、営業手法など圧倒的情報量!
お客様1社1社に合った調査設計いたします。
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

D4DR企業調査の特長

1. 情報量が違う

デスクリサーチとヒアリングにより、調査対象企業の財務関連情報のみにとどまらない幅広く詳細な調査を行います。
情報量が違う!
デスクリサーチとヒアリングにより、調査対象企業の財務関連情報のみにとどまらない幅広く詳細な調査を行います。

ヒアリングの対象となるのは.....

調査対象企業
様々な部署の課長や部長、
本部長など
調査対象企業の取引企業
販売先や仕入先など
調査対象企業の取引金融機関
その他関係機関
ヒアリングの対象となるのは.....
調査対象の企業
さまざまな部署の課長や部長、本部長など
調査対象企業の取引金融機関
調査対象企業の取引企業
販売先や仕入れ先など
その他関係機関

一般的な企業調査で明確になること

  • 事業別売上高
  • 収益状況
  • 社員数

D4DR企業調査で明確になること

  • 事業別売上高
  • 収益状況
  • ビジネスモデル +
  • 営業エリア
  • 営業手法
  • 組織体制 +
  • 顧客層 +
  • 商品戦略 +
  • 差別化戦略 +
  • 調査企業の市場見解 +

2. 柔軟さが違う

D4DRの企業調査は、全てにおいて同じ項目の情報を調査するのではなく、お客様の目的やニーズに合わせて調査項目を設計いたします。また、中間報告でより深掘りしたい情報をリクエストしていただくことも可能です。
柔軟さが違う!
D4DRの企業調査は、全てにおいて同じ項目の情報を調査するのではなく、お客様の目的やニーズに合わせて調査項目を設計いたします。また、中間報告でより深掘りしたい情報をリクエストしていただくことも可能です。

新商品・サービス開発を検討している場合

対象企業商品・サービスの
  • マーケティング戦略
  • 機能
  • 価格
  • ターゲット
  • 顧客状況
  • 販売経路
  • 営業体制
  • 開発体制

競合企業と比較し、
自社の強みや弱み、課題などを明確にしたい場合

-
  • 事業別売上高
  • 収益情報
  • 組織図
  • 組織毎の配属人員
  • 各部署の役割や目的・KPI
  • 生産設備の能力
  • PRや開発に投じている費用

D4DR企業調査のこだわり

D4DR企業調査のこだわり

コンサルティング企業であるD4DRのノウハウを駆使し、お客様がより緻密にマーケティング戦略や営業戦略、新規事業計画などを立案するための調査を行います。
不正競争防止法に抵触するような行為は一切行いません。
クライアント企業のお名前は、調査企業には伝わりません。

報告書内容

D4DRの徹底企業調査は、ただ情報を取得・提供するだけではなく、コンサルティング企業の経験・ノウハウを生かした分析・提言まで行います。

デスクリサーチとヒアリングからの情報レポート

調査情報から分析した当該市場、参入企業に対する分析提言レポート

企業調査の流れ

調査対象企業と市場・業界のデスクリサーチ

対象企業、市場に関する一般論を集約します。その後、対象企業に対する仮説を導出し、ヒアリング項目を抽出します。

対象企業へのヒアリング

STEP01で導出した仮説、質問項目をもとに対象企業の経営企画部や営業企画部、営業部、マーケティング部などにヒアリングを行います。

STEP01で導出した仮説やヒアリング項目により、ヒアリング先部署を選定するため上記全部署へヒアリングするとは限りません。

対象企業の関係機関へのヒアリング

STEP02で調査対象企業から得た情報の信憑性を担保するために、重要な取引先や金融機関などへ訪問し、ヒアリングを行います。

レポート作成

STEP01~03で得られた情報を分析し、レポートを作成します。

中間報告

ヒアリング結果、分析結果をご報告します。さらに深掘りしたい情報や追加の調査項目などについて議論します。

最終報告・レポート納品

中間報告で上がった追加調査項目や深掘り項目などを調査し、レポートに追加したうえで調査結果・分析結果をご報告します。
企業調査・競合調査なら
D4DR
お問い合わせ

組織体制

組織図とその組織の役割を解明します。また、各部門に配置されている人数や部門のキーマンなどを調査することも可能です。

顧客層

顧客層のデモグラフィック構造(年齢や性別、社会的地位など)を解明します。また、対象企業がその顧客層をどこまで把握し、どのように営業戦略に活用しているかも解明します。
また、対象企業の顧客成長分析を行うことも可能です。
(「認知→興味→比較検討→購入→リピート」の比率をカスケードチャートにより分析します。さらに、各層からの離脱原因も分析します。)

商品戦略

商品・サービスの特徴や他社との差別化ポイントを解明します。
また、開発体制や開発意図、開発費用、開発人数など開発に関わる体制や経緯について調査することも可能です。

差別化戦略

調査企業自身が考える強み・弱みと関係機関が考える調査企業の強み・弱みなどを調査し、SWOT分析をします。

調査企業の市場見解

調査対象企業が考える該当市場の現状の構造や将来的な構造、自社(調査対象企業)の立ち位置についての見解を調査します。
また、貴社に対するイメージや見解を調査対象企業に聞くことも可能です。